内橋和久

ベルリン在住。音楽家。イノセントレコード主宰、インプロヴィゼーショントリオ「アルタードステイツ」は今年で結成31周年。

83年頃から即興音楽に取り組み、世界各地で演奏活動を続ける一方ではUA、細野晴臣、七尾旅人、青葉市子、Salyu、くるり等のポップミュージシャンのプロデュースやライブ活動を通じてうたに取り組む。演劇、ダンス,映画などの音楽制作およびライブ演奏など活動は多岐に渡る。中でも演劇の分野では劇団「維新派」の音楽監督を34年にわたり務める。近年は岡田利規のミュンヘン4部作の全音楽監督も務める。

2007年まで大阪でオルタナティブスペースBRIDGEを運営したことでも知られている。

また、ハンス・ライヒェル発明による新楽器ダクソフォンの演奏者でもある。

近年はアジアの音楽家とのコラボレーションも多く、中でもインドネシアのSENYAWAと組んだグループMAHANYAWAも今年で10年目を迎える。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。